CATEGORY

電動アシスト自転車

その3:モビリティの多様化と将来の可能性(普及の障壁は技術より法律か)

電動キックボードなど新しいモビリティが元気だ。しかし、バックミラーやナンバープレートや免許、ヘルメットなどが必要だと不急は限定的になるだろう。一方、電動シニアカートは免許もヘルメットも消費税も不要だ。新しいモビリティが普及するかどうは技術よりも法律の適用ではないかと感じる。

その2:電動アシスト自転車の新しいチャレンジの動向(回生充電など機能の高度化は続く)

電動アシスト自転車といえばママチャリの時代から充電しながら走行する回生システムの採用や大出力モデル、電動バイクとの二刀流など進化が止まらない。同時に36%ほどはヒヤリハットや危険な経験をしている。安全で安心な移動ツールとしての更なる進化を期待したい。次回は電動キックボードなどのモビリティの広がりを探る。

その1:電動アシスト自転車の現状と課題(便利だけど危険。事故に注意)

電動アシスト自転車は日本で急速に普及している。便利だし、手軽だし、子育て中の主婦には必須のツールだろう。しかし、自分の実力以上のパワーが出るので、被害者にも加害者にもならないように安全運転とヘルメットなどの安全装備が必要だろう。次回は、そんな電動アシスト自転車の新しいチャレンジについて概観してみたい。