CATEGORY

インフラ整備

空飛ぶクルマが現実になるか。課題は多いがワクワク感も大きい。個人的には固定翼型に期待している。

空飛ぶクルマ(UAM)の開発が加速している。多くはドローン型だけど、固定翼型もある。例えば米Skyhawkが開発したHeavisideの1マイルあたりのエネルギー消費は電気自動車の半分未満という。UAMで移動する方が経済的なら、需要喚起に弾みがつくだろう。今後はインフラ整備や社会制度を含むエコシステムが課題だ。

5G時代におけるインフラシェアリングを考える。

屋内のインフラシェアリングサービスを考えてみた。5Gの基地局を単独で整備するのは効率的ではない。共同での整備は、ローカル5Gへの発展も考えられる。自然に溶け込むような基地局のデザインにも注力する必要がある。

社会を変える給電方式

昔の電話機は停電時にも利用できたが、現在の多機能電話(固定)は停電時には利用出来ない。しかし、近年では光ケーブルで給電する方式やワイヤレスで給電する方式の技術開発が進んでいる。電気道路が整備されれば、給電しながら走行が可能だ(笑)。