iPadAir到着!これは便利だ。

はじめに

技術士事務所を立ち上げるにあたって、すでにデスクトップパソコン(iMac)もノートパソコン(MacBookAir)もスマホもある。MacBookAirは2013年版で年数も経っているので、これを買い換えるか、タブレット(iPad)を購入するかを思案した。MacBookAirは一時期メモリーが不足していてヤバい状況だったけど、思い切ってリセットして再設定したらゴミが綺麗になくなって快適に使えるようになってしまった。ただ、電池の持ちが悪くなってきたが、これもバッテリーを交換すればOKということで、iPadを購入することにした。

iPadAir

購入したのは2020年10月に発売された第4世代のiPadAirだ。自分が初めてiPadを利用開始したのは、2012年11月に発売された初代のiPadminiだ。すでに2008年7月に発売されたiPhone3Gは使っていたが、画面が小さいのでもう少し大きな画面で見れるものとして購入した。重量も312gほどで軽く非常に便利に使っていたが、やはり性能面ではまだまだ改善の余地があり、徐々に利用頻度が少なくなってしまった。

今回購入したiPadAirと初代のiPadminiを比べると性能は格段に改善しているが重量は1.5倍に抑えられている。素晴らしい。

iPadmini(初代) iPadAir(第4世代) 特記事項
重量 312g 458g 1.5倍
CPU 2コア 1.0GHz 6コアA14Bionic 3倍
メインメモリー 512MB 4GB 8倍
フラッシュメモリー 64GB 256GB 4倍
ディスプレイ XGA(1024×768) 2,360×1,640 5倍

便利な点

  1. Apple Pencil(第二世代)
    タッチ画面に指でタッチすると画面が指紋だらけになってしまう。iPadminiを使わなくなった理由の一つだ。しかし、Apple Pencilを使うとこれは便利!軽くて、軽快に本当のペンというか、それ以上に便利だ。消し込みにもなる(笑)
    iPadAirで利用するのは、Apple Pencil(第2世代)なので、使わない時にはiPadAirの側面に磁石でくっつき、ついでに充電もしてくれる。これは便利だ。
  2. 指紋認証
    コロナ禍でマスク着用の常態化しているので、指紋認証は嬉しい。顔認証だと、その都度マスクを外すかずらす必要があった。指認証も右と左の人差し指を両方セットするように誘導される。縦利用だと右手だけど、横利用だと左手の認証が便利だ。
  3. ZOOMのVRにも対応
    初代のiPadminiと比較するのはどうかと思うけど快適すぎる。iMacだとZOOMの VR(背景写真)を活用できるが、自分が持っている古いMacBookAirだと非対応だった。でも、iPadAirで試すとバッチリVRを使えた。やはり性能が改善している。

改善してほしい点

  1. Apple Pencil
    慣れの問題もあるが、操作しているつもりが、画面にゴミを描いてしまう。どうもまだ操作がよく分かっていない部分がある。まあ、これはおいおい改善するだろう。
  2. タスク管理
    iPadAirは当然ながらマルチタスクに対応しているが、タスクを切り替えようとApple Pencilでスワイプしようとしても、うまく行かない。指だと切り替わる。何か方法があるのだろうか。
  3. 重量
    MacBookAirに比べれば格段に軽いもののなんとなくずっしり感がある。性能改善も大事だけど、軽量化にもっと技術とコストをかけて欲しいと思う。タブレットは軽ければ軽いほど持ち運ぶのに楽だ。

まとめ

まだ、iPadAirが到着したばかりなので、操作がよく分からないことや不慣れな部分が多い。1週間程度使ってみて、またメリット、デメリットについてコメントしたいと思う。これまではMacBookAirを持ち運ぶことを前提にバッグを選定していたが、今後iPadAirを持ちあることを前提にすると、どのバッグにするのか、新しいバッグを購入した方が良いのか楽しい悩みが増えそうだ。

以上

 

最新情報をチェックしよう!