卒業式に桜満開。ハットを飛ばしてぱっとしよう。

2年前の4月に法政大学経営大学院に入学して社会人学生としての生活を堪能した。
そして、3月24日は武道館で経営大学院の卒業式だ。
千鳥ヶ淵の桜や靖国神社の桜が綺麗だろうな。今から楽しみだ。

正直、大学院に入学することをそれまであまり真剣に考えていなかったけど、次の3点が決め手になって決断した。

1) 学費の半分が専門実践教育給付金で返金されること
2) 簡単な筆記試験と面接で入学できること
3) 会社に近いこと、通学定期で通勤できること

1) 学費の半分が専門実践教育給付金で返金されること
・学費は2年間で200万円ほどかかるが、その約半分が教育給付金として支給される。
・私の場合には、この返金される給付金を独立開業時に資金にすることにした。

2) 簡単な筆記試験と面接で入学できること
・簡単な筆記試験についてもいわゆる士業はAO入試で省略可能。
・つまり、簡単な面接だけで入学がOKだった。

3) 会社に近いこと、通学定期で通勤できること
・その頃の勤務先から徒歩で5分の場所だったので、会社から通うのも楽。
・しかも、通学定期を活用すればめちゃお得。
・でも、入学のタイミングで大手町のオフィスに移動となった。
・さらに、コロナ禍でテレワークとオンライン授業に移行。

結論から言えば、目論見通りだったのは半分程度だけど授業はめちゃ面白かった。自宅に帰ったら家内からどうだった?
と聞かれる。仕事はクソ面白くないけど、学校は超面白い!これが口癖になるほど、授業にハマってしまった。

皆様もよければ社会人学生にトライしてみませんか?新しい世界が広がりますよ。

最新情報をチェックしよう!