コロナ禍の意識調査(速報):怖いが8割だけど身近には死者や重篤者がいない。ワクチンの効果とリスクは肯定派と否定派が拮抗。

はじめに

新型コロナは本当に危険なのか?4つの疑問」を投稿したのが今年の4月7日だった。その後も新型コロナ関連ではいくつか投稿しているが、これが最も反響が大きい。この疑問に対する正解を知りたいけど、ネットで調べてもなかなか本当のところかどうかが不明だったりする。どうしたものかと思案していて思いついた。

そうだ。アンケートをとろう!

クイズ番組でも回答者が困ったらオーディエンスにアドバイスを求めることがある。そして、そのアドバイスは結構的を得ていることが多い。多数決で決めることが万能とは思わないけど、多くの人がどのように理解しているかを知ることは有益だろう。マクロミル社のQuestantにはまだ今年の8月まで有料会員なので、100人と小規模であれば追加1万円で回答を得られるので、トライしてみた。アンケートでは外れ値もあるので、若干多めに回答を集めてくれる。今回は男性55名、女性57名だった。

年齢分布

男女それぞれの年齢分布を見ると、男性の場合は40歳から44歳と70歳以上が16.4%(9名)と最多だ。一方、女性の場合は50歳から59歳が19.3%(11名)で、ついで50歳から54歳が17.5%(10名)だった。ネットによる回答にも50歳代以上の回答が多いことにちょっとびっくりした。

回答の基礎的傾向

一般的な質問に対しては、新型コロナ(COVID-19)は怖いと思うは約80.3%が肯定的な回答だった。次に肯定的な回答が多いのがPCR検査をもっと広く行うべき(66.2%)や、ワクチン接種はぜひ受けたい(66.1%)だった。逆に、身近で新型コロナで死んだ人がいるには否定的な回答が92.9%と多く、次いで身近に重篤になった人がいるに否定的な回答が90.2%だった。
つまり、COVID-19は怖いと思うし、PCR検査やワクチンは接種したいと思うけど、身近に重篤になった人や死んだ人は極めて少ないという結果だった。

4つの疑問とは

新型コロナは大変な感染症だけど、どうも違和感を感じる部分がある。具体的には次の4つだ。これらの疑問を含めて、アンケート調査を実施した。4つの疑問それぞれに対する集計や分析結果は、別に投稿するが、今回は速報として、概要のみを報告しておきたい。

疑問1:陽性者は死亡理由に関わらず新型コロナによる死者とカウントか?(⇨アンケート結果)

6割程度は分からないと回答。
現状はPCR検査で陽性だった死者は全て新型コロナの死者としているけど、明らかに死因が別のものは除くべきという意見が多かった。
ワクチン接種で死亡した人に対しても、新型コロナの死者と同様に、明らかに死因が別のものを除くべきという意見が多い。

疑問2:陽性者は必ずしも感染者ではないのか?(⇨アンケート結果)

7割程度が分からないと回答。
感染レベルが数万個のウイルス検出なら、陽性判定も同様に数万個とすべきという意見や数百個とすべきという意見が多い。
現状が数個というのが本当ならやはり適切とは言えないと思った。

疑問3:新型コロナへのワクチンの副作用のリスクはないのか?

ワクチンの効果とリスクはそれぞれ肯定派と否定派が拮抗している。この部分は別途、深掘りしてみたい。
薬投与の影響は副作用と言うが、ワクチンに対しては日本語では副反応と言う。英語ではワクチンの場合も薬の場合も「side effect」で特に区別していない。
なお、当初の疑問3は「PCR検査の基準は無駄に厳しすぎるのか?」だったが、疑問2と重複するので表記に変更した。

疑問4:厚生労働省はなぜ2類相当を5類に引き下げないのか?

5割程度が分からないと回答。現状2類で、あるべき姿も2類が多かった。

ワクチン接種の状況と予定

ワクチンに対する効果やリスクを比較的冷静に判断している人が多いし、ワクチンをしてもマスクは必要と感じている人が過半数もいることだ。
ワクチン接種の安全性やリスクについては、肯定的な回答と否定的な回答が拮抗している。ここは回答セグメントによる差異の有無なども調べてみたいと思う。
ワクチン接種の状況や予定を伺ったところ、72.3%が摂取していないし予定も未定だった。2回接種した人はわずかに1名、1回接種して2回目も予定が6名だった。接種していないが予定はあると接種しない予定という回答がそれぞれ9名だった。ネットで見ると、あるアンケートでは8割が摂取を希望している(出典:MDV)とあるが、これとは大きく異なる結果となった。つまり、未接種者に関して言えば、8割ほどは予定は未定であり、ぜひ接種したい人と接種したくない人はそれぞれ1割程度いると言える。

まとめ

4つの疑問に対する調査結果も興味深い結果であった。詳細は精査した上で、別途投稿したい。概要だけ見ると、多くの人は新型コロナは怖いし、PCR検査やワクチン接種は受けたいと思う人が多い。反面、身近に新型コロナで亡くなった人や重篤になった人は9割以上いない。つまり、実害は感じていないけど、マスメディアやニュースでの情報を見て非常に怖いと感じているという実態が明らかになった。

以上

最後まで読んでいただきありがとうございました。参考になった点が少しでもあれば、いいね(ハートマーク)をクリックいただけると励みになります。

最新情報をチェックしよう!